本文へスキップ

道の駅「ながおか花火館(仮称)」建設工事

工事の内容CONCEPT

事業の目的

長岡花火を核に、多様な地域資源を通年でPRする情報発信拠点として、 道の駅「ながおか花火館(仮称)」を建設することが目的の工事です。


完成イメージ図

外観イメージ1

外観イメージ2

外観イメージ3

外観イメージ4

外観イメージ5


建築概要

工事名称
道の駅「ながおか花火館(仮称)」建設工事
発注者
長岡市
事業方式
DB(Desigh−Build)方式
工事場所
長岡市喜多町地内
敷地面積
16,025.03 m2
建築面積
3,328.73 m2
延べ面積
3,320.31 m2
構造面積
鉄骨造 地上2階建
建物高さ
13.97 m
基礎工法
既製杭
設計者
株式会社 中越興業一級建築士事務所
設計協力
株式会社 ワシヅ設計
施工者
中越・ダイエー・NNC・大原
道の駅「ながおか花火館(仮称)」建設特定共同企業体
工期
2018年9月25日〜2020年6月11日
用途
道の駅(屋内観覧場、展示場、物販店舗、飲食店)



今後のスケジュール

2018年 秋 造成工事着手
2019年 4月 建築工事着手
2019年 7月 指定管理者の公募
2019年 12月 指定管理者の指定
2020年 夏から秋にかけてのオープンを目指す



施工の位置




道の駅「ながおか花火館(仮称)」全体平面図




導入機能及び施設

・長岡花火を核に歴史・文化、自然など多様な地域資源の「情報発信機能」
・地場産品の展示販売や飲食店、野外イベントができるスペースなどの「地域振興・交流機能」
・バスや自動車など道路利用者を想定した24時間利用可能な駐車場やトイレ、道路情報提供施設などの「休憩機能」
・県内各地域及び関東、東北方面などへの災害時後方支援拠点及び一時避難場所とする「防災機能」

施設名 施設内容 面積
長岡花火ミュージアム 花火シアター、常設展示室、交流ルームなど 約800m2
観光交流プラザA棟 地場産品等販売スペース、イベント催事スペース、レストランなど 約900m2
観光交流プラザB棟 フードコートスペース、日用品等販売スペースなど 約900m2
屋外広場 屋外催事スペース、多目的広場など 約1,300m2
駐車場 小型車用(約260台)、大型車用(約20台)、身体障害者用(5台) 約17,000m2
その他 防災倉庫、EV車充電設備、24時間使用可能トイレ、道路情報提供施設、観光情報コーナーなど


バナースペース

進捗率

現場事務所情報

長岡市宝地町字前田4番1
TEL.0258-86-8470
FAX.0258-86-8470






スマートフォン版

スマートフォン版サイトはこちらから



関連リンク

関連リンク